【有名猫さんに会ってきた!】 第九回:ちょっぴりビビリで気のやさしい、愛されキャラ「くまお」編

Feb 12, 2015 / Topics

Tags: column

photo:Kazuho Maruo

お座布団の上にどっしりと構える雄猫・くまおさん。頼りがいのありそうな風貌にもかかわらず、完全なビビリ性で、そのギャップにファンが急増しています。Instagramでくまおとの日々を投稿している、飼い主の“くまお母”こと鎌田さん(http://instagram.com/kumaokamako/)に話を伺いました。



—くまおさんとの出会いは?

「1年前くらい前に、くまお父(夫)が里親募集サイトでみつけました。実は、16年間、ミウさんというロシアンブルーの雌猫を飼っていたんです。ずっと2人と1匹で暮らしていたのですが、昨年11月に亡くなって。夏くらいから調子が悪かったのですが、ちょうどそのタイミングで夫が関西へ単身赴任することになり、病院を変えるのも引っ越しも負担をかけてしまうかなと思い、夫とは別々に暮らしながら、私がひとりで看取りました。顎の癌だったので食べ物も飲み込めないし……。最後には目も見えず、耳も聞こえず、私の膝の上で旅立ちました。それから、もう猫を飼うことなんて無理だと思っていました。でも、猫がいなくなり、完全にひとり暮らしをすることになって、ちょっと鬱気味になってしまって。そんな時、夫にミロコマチコさんの記事(http://ilove.cat/ja/9115)を教えてもらって。ミロコさんも猫を失った悲しみは10年経っても変わらないって言っているし、だから、いま猫を飼える環境にあるんだから1匹でも里親探しをしている猫を救ってあげられるのではないか、と思い直して。そこから、里親募集サイトで猫を探し始めました」

—そして出会ったのがくまおさんだったと。

「サイトでひと目みて気になって、『湘南鎌倉猫ほっとさぽーと』に問い合わせたら、すぐにお見合いを、と言われて、鎌倉まで会いに行ったんです。見た瞬間、この子だ! って決めました。前に飼っていたロシアンブルーと姿形は全く違いますが、逆に、同じような見た目で雌猫だったら無理だったと思います。くまおはゲージの中で、ずっとシャーシャー言っていたのですが、その怖がっている姿も愛おしかったです」

—家にはすぐ馴染んだのですか?

「1週間はずっとソファーの下に隠れて、全く出てきませんでした。ごはんも、1口も食べていなくて。そろそろ限界かなと思っていたら、夜中にちょろちょろ〜っと低姿勢で食べに出てきたんです。すぐ戻ってしまったのですが、だんだんとソファーから出る時間が増えていき、ある日突然、お座布団の上にちょこんと座っていて。1ヶ月くらいかかりましたが、ようやく慣れてくれたみたいです」

—インスタでよく見るお座布団は、くまおさんのモノだったのですか!?

「いえ、最初は人間用だったのですが、ちょこんと座るもので、くまお専用になりました。自分の居場所だと思ったのだと思います。その哀愁ただよう姿(http://instagram.com/p/vsizi1xOVo/?modal=true)を“くまおじさんスタイル”って呼んでいます(笑)」

—保護される前、くまおさんはどこにいたのでしょうか?

「鎌倉の里山にいたらしいんです。山で保護されてから戻そうとしたら、脱腸(ヘルニア)がわかったんです。それで、人間に飼われたほうがいいと、里親募集することになったようで。それまで、人と暮らしたことはなかったはずなのに、トイレなどもすぐに覚えました」

—でも今日の撮影でも、やはりちょっと逃げ腰ですよね。

「性格は穏やかなのですが、ものすごく慎重なんです。心を開くまで、時間がかかるタイプ。先週、ラグをひいたのですが、全く乗らなくて(笑)。乗っていいかどうか、しばらく観察して、自分で判断してOKだったら乗る。ごはんもカリカリをお皿に乗せて、しばらくしてから食べるんです。野良猫時代の、危機管理能力かもしれません」

—前に暮らしていたミウさんとくまおさんの違いはありますか?

「ミウさんは雌猫だったので、夫に懐いていて。明らかに私に敵対心があって、私はただごはんを運んでくる愛人のような関係でした。くまおは、ザ・雄猫っていう感じもしないのですが、私たち夫婦にとっては息子のような感覚ですね」

—こういっては何ですが……くまおさんは、意外に小さいですよね。

「そうなんです。写真だと8キロ超え?って言われることもあるのですが、5キロしかありません。カラダも脂肪じゃなくて、筋肉。ガチムチなんですよ(笑)。背中が凝っているかなと思ってマッサージをしていたら、舌を出すようになって(http://instagram.com/p/u62Jz8xObo/?modal=true)、ポリポリスイッチって呼んでいます」

—くまおさんと暮らすことになって、一番変わったことは?

「私が明るくなった、ですね(笑)。instagramで猫と暮らしている方とつながるようになって、どんこさん(http://ilove.cat/ja/6209)たちとも交流させてもらって。くまおがきっかけになって、また人とも交流が増えた。本当に猫がもたらしてくれたご縁だと思います」

■くまお母のinstagram
http://instagram.com/kumaokamako/
■くまお父のinstagram
http://instagram.com/kumaomaru/